『ゆとりを生み出す』商品を開発し、【作業最適化】をご提案する㈱カムサーのトップページにようこそ

電話:078-950-9050(代表)


この仕事(作業)≫-≪もう少し≫-≪楽に≫ー≪早く・速く≫ー

 -≪簡単に≫-≪何よりも、楽しく≫-≪できないか?≫-・・・ナー

【弊社は、農家さんの上述の想い(課題)を解決する方法の具体化に、日夜、エネルギーを注いでおります】


これは『楽送』-「楽送装置」の導入例で、長野県南佐久郡川上村の白搬出。以前はコンベアを直接圃場に配置し、移動・移設の繰り返しが大変でした。 ≪非力な女性も搬出作業に参加できます≫

一度セットすると、軽く押し移動し、重い箱を持ち歩かず、ブーム道まで流す 


【作業最適化に込める思い】

a.単純でキツイ

b.長時間で長期間の

c.連続した繰り返し作業を

ー【限りなくゼロにし】-

e.若者離れ、後継者不足に歯止め

f.作業者を選ばない⇔誰でも出来作業体系を確立する。

g.経済活動です、コストダウンを図る

 

【作業最適化の共通の具体的課題】

1.積み替え作業を無くす

2.歩かない、持ち歩く歩数を減じる

3.同じものを何回も持たない

4.誰で、多くの人が操作できる

5.保管・回送・段取りが簡単

【トータルで最適の作業体系確立】

6.他社の機械器具を含め、最適な組合わせで、『作業の流れを滑らか』にする

【作業最適化で起こる変化】

A. 作業時間が短くなる

B. 疲労/筋肉/関節痛が軽減

C. 作業者の適応範囲が広くなる

D.打ち合わせ・段取り時間が十分

E. 明日・将来を考える時間が生まれる

F. 家族団欒の時間が増える

【色々、ゆとりが生まれる】

G. 『仕事が楽しい』これが一番!



【現在販売中の機種の中で最強の機種です。
【楽輪】ー品番066番; ラグタイヤ6本六輪型

軽トラの補助輪機構

『楽輪』

品番:066番

軽トラ前後輪4本:

ラグ500-12、6PR

後輪の補助輪左右各1本:

ラグ500-12、2PR

◎ラグはチューブ入り

◎補助輪の着脱は、板に乗り上げ、センターボルト1本で、F1並み。

『楽輪』は軽トラの長靴・カンジキ(樏)


≪作業最適化で、日常生活に生まれる嬉しい変化≫

1.ゆとりが生まれる  時間的余裕、肉体的な解放感、コスト低減・・・全て利益。

2.家族団欒の時間が増える  お孫さん、お子さん、お爺ちゃんお祖母ちゃんと過ごす。

3.良好なコミュニケーションの実現  ご近所、従業員、仕事の関係者との、親近感増します。

4.将来に時間がさける ⇔ ゆとりは更なるゆとりを生み出す、好循環を演出します。


希望する任意の長さの角当て物を簡単に作ることができます
ロープ掛けの角当て物ー角当て物の板を簡単に繋ぐ『捻り帯』
  •   楽縛シリーズ

積荷のロープ掛けに利用する

荷物の角当て物の板をつなぐ『帯』

『捻り帯』

 

平成24年5月25日、 特許取得:

特許第4998901号


 ≪作業最適化の共通する根本的な課題≫

1.積替え作業及びハンドリング回数を限りなく減らす。    一歩*1円又は0.5円で計算

2.歩数を減じる。特に荷物を持って歩く歩数を無くす。    一秒*1円又は0.5円で計算

3.軽トラックの様に、多くの人が使える、操作性に優れる事。 一度、計り、金額換算下さい。

4.段取り、横持・回送、設置・移動・移設が容易な事。     ≪驚きの金額ですよ!≫

5.丈夫で長持ち。誰でも使える。              老弱男女も作業に参加できる